Cultural 文化紹介

アドベント

 「アドベント」という言葉を耳にしたことはありますか?アドベントとは「待降節」といい、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間のことを指します。クリスマスイブ前の4週間、イブまでにある4回の日曜日ごとにアドベンツクランツといわれる4本のろうそくが付いているクリスマスリースに一本ずつ炎を灯す風習があります。
ドイツではこのアドベント期間を楽しみます。クリスマスプレゼントやツリーを準備して、クリスマスマーケットでホットワインを味わい、シュトレンを少しずつスライスして食べ、アドベントカレンダーの窓を開き、クリスマスを心待ちにします。
ドイツの人たちは、ゆっくりと時間をかけて、クリスマスを静かにロマンチックに楽しむのです。ドイツ式のクリスマスを楽しんでみませんか?

※ドイツ文化の紹介やドイツ料理のレシピに関しては随時更新いたします。
アドベントとは?

~2021年撮影 アドベント紹介動画~

第一アドヴェント 2021年11月28日(日)<br>東京横浜独逸学園<br>トルステン・クナープ学園長からのメッセージ

第一アドヴェント 2021年11月28日(日)
東京横浜独逸学園
トルステン・クナープ学園長からのメッセージ

第二アドヴェント 2021年12月5日(日)<br>東京横浜独逸学園<br>都筑区役所 佐藤友也区長からのメッセージ

第二アドヴェント 2021年12月5日(日)
東京横浜独逸学園
都筑区役所 佐藤友也区長からのメッセージ

第三アドヴェント 2021年12月12日(日)<br>東京横浜独逸学園からのメッセージ

第三アドヴェント 2021年12月12日(日)
東京横浜独逸学園からのメッセージ

第四アドヴェント 2021年12月19日(日)<br>東京横浜独逸学園長と都筑区長の交流<br>(東京横浜独逸学園 講堂にて)

第四アドヴェント 2021年12月19日(日)
東京横浜独逸学園長と都筑区長の交流
(東京横浜独逸学園 講堂にて)

ドイツの子供たちに人気のアニメ、『Maus(マウス)』

 オレンジ色のカラダに茶色の耳、大きな目が愛らしい「MausTM(マウスTM)」。 ネズミのマウスは、1971年にドイツで放送開始したTV教育番組「Die sendung mit der Maus(マウスといっしょ)」から生まれたキャラクターです。
 日本では「だいすき!マウス」のタイトルで2005年4月からNHK教育テレビで放送され注目を浴びました現在も子供から大人まで多くの人々から愛されています。

Maus(マウス)
トンチの利いたストーリー。「次はどうでるかな?」と親子で想像しながらお楽しみください!
毎週月・木曜に新しい動画をアップしますよ。お楽しみに!

ドイツでは40年以上前から人気を博し続ける、ドイツの子供向け番組です。
愛くるしいネズミのマウスのコミカルな動きとユニークな番組構成をお楽しみください。
ショートストーリーなのでお気軽に楽しめますよ!

当サイトに掲載している情報・画像・動画等を権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用、二次配布を行う事を固く禁じます。

Copyright © 2022 German Christmas market in Tsuzuki .
All Rights Reserved.